QLOOKアクセス解析

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Myrath - Tales of the Sands

Myrath - Tales of the Sands
Myrath - Beyond the Stars

チュニジア産メロディック/テクニカル/プログレパワーメタル。2011年の3rd。
1st"Hope"・2nd"Desert Call"に続く、プログレ色が後退した三作目。




リビアの西隣、ジャスミン革命で一躍有名になった国チュニジアのバンド。前作までのSymphony X系プログレパワーメタルからさらにプログレ色が後退し、ある意味ストレートなメロディックパワーメタルに近い曲が多くなってしまった。とはいえ一般的なメロパワよりリズムやグルーヴ面で凝っている。

いわゆる中東的(正確には地理上中東には属さない)ともいうべきオリエンタルな節回しの音階&パーカッションは増したように感じる。その反面、自由でダイナミックな展開というセールスポイントは作を追うごとに減退しているように思える。HeavenlyのDs.に交代したけれど、そこを含め演奏・サウンド面にはまったく死角はなく、パワフルでテクニカルなメロディックメタルという視点で語れば質は高い。即効性のあるメロディは多少減った気もするけれど、メロディを大事にするスタンスに大きな変化はない。

実はアルバムの情報を得た時点である程度覚悟をしていた。トラックの時間がどれも4分~5分台ということで、プログレメタルとしてある程度の曲展開を盛り込むには無理があるからだ。彼らを買っていた"ダイナミックな展開"という大きな要素が減退し、小粒な楽曲に落ち着いてしまったのはやはり残念。それでもオリエンタルメタルとしてはメロディ・サウンド面で絶対的な個性があり、そこは以前よりむしろ増している。

総合的には近年のSymphony XやAdagioほど急激にパワー路線に傾倒はしていないのでひとまずは安心して聴くことのできる作品ではあったが、私が気に入るこの手のバンドは音楽性の主たる要素が変化することが多く、常にそれを恐れているような気がする。これからこのバンドを聴くという人には、やはり1stの"Hope"を手渡すと思います。


Rate : 3/5 (cf.Rating)

お気に入り:
#02 Braving the Seas
#05 Sour Sigh
#07 Wide Shut
#09 Beyond the Stars

Last.fm : Myrath - Tales of the Sands
Encyclopaedia Metallum : Myrath





関連記事

| Prog Metal | 23:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://mastert.blog104.fc2.com/tb.php/191-7f465242

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。