QLOOKアクセス解析

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Anton Johansson's Galahad Suite - Galahad Suite

Anton Johansson's Galahad Suite - Galahad Suite
Anton Johansson's Galahad Suite - Galahad Suite

スウェーデン産メロディックメタル。2013年の1st。




元Mister KiteのAnton Johanssonという人物と、現メンバーほかの面子が関わっているらしい。基本的にメロディ主導の歌を中軸に据えたスタイルで、クセなく間口は広く入りやすい。

Key.のピロピロサウンドと曲間を繋いだコンセプチュアルな作風という意味ではプログレメタルと呼べるものの、あまりテクニックの見せつけや変拍子への傾倒はなく、全体として秩序を重んじている。

時折見せるチェロやピアノの叙情的な表情はなかなか。Vo.やDs.周りの気持ちよさのあるサウンドもあって印象の良さに繋がっている。楽曲としてはミドルからバラードにかけた"聴かせる"曲の割合が多く、アップテンポめの曲が映える形になっている。全体的におさまりよく仕上がっている分、これぞというフレーズがないのが惜しいところではある。

Rate : 3/5 (cf.Rating)

聴きどころ:
#07 Never Alone: The Victory

Last.fm : Anton Johansson's Galahad Suite
Encyclopaedia Metallum : Anton Johansson's Galahad Suite





関連記事

| Prog Metal | 20:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://mastert.blog104.fc2.com/tb.php/304-14dee794

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。